大学・専門学校向け自動時間割編成システム|SOLANO

大学・専門学校向け自動時間割編成システム

お問い合わせ

FAQ

時間割編成システム「SOLANO」導入に関する、様々な疑問、よくある質問にお答えします。

動作環境について

動作環境について
サーバー
Webサーバー :Apache2.2以降
DB:PostgreSQL8 (またはMySQL5.5)
クライアント
ブラウザ:Microsoft Internet Exploler8以降
帳票:Microsoft Excel (2000形式)
で動作します。上記ソフトウェアが動作する環境であればOSは問いません。
推奨環境
画面解像度 SXGA(1280x1024)で最適化してあります。

システムの特徴について

目的は
本システムは、教務課や学部事務室等の業務担当者をターゲットとし、次年度に開催される授業の曜日時限と教室を配置し、時間割を作成するシステムです。
特徴は
本システムの特徴は、Webの仕組みを用いてシステムを利用できることです。これにより、学校に敷設されているOSの変更などにも、システム自体を変更することなくお使いいただけます。また、多人数でもご使用になれますので、複数のご担当者が同時に時間割作成業務を行うことができます。
時間割作成で考慮している点は
本システムでは、教員の出講スケジュール、開講される授業の受講できる学科、学年、クラスの重複状況、開催される教室の空き状態を検討しながら、曜日時限を配置します。
帳票は
帳票は時間割表など11種類を用意しています。全て、Microsoft Excel 2000形式(.xls)で、サーバーからダウンロードします。
その他
学内で利用しなくなったサーバーの利用などのご相談も承ります。また、学校様独自の帳票など、カスタマイズは別途可能です。
弊社担当までご相談ください。

データの特徴について

曜日時限とは
本システムには日付という概念はありません。授業に配置する曜日は、月~日。時限は、大学院など通常の学科と違う時間帯を考慮して、学科単位にカレンダーを持ちます。
教員の出講スケジュールとは
出講スケジュールとして、出講可能(キャンパス単位に)、教員の研究日、出講日数(半期毎)を登録できます。
また、別に定例会議を登録することができます。
授業は、出講可能な曜日時限の中で、出講日数以内に配置されるます。
クラスについて
授業によって1学年のクラスは、いろいろな分割のパターンが存在します。
本システムでは、クラス分割のパターンを数種類設定ができ、時間割作成時にはクラスの重複をチェックできます。
教室の配置について
本システムでは、教室を分類分け(実習室や一般教室など)することで多くの教室から適した教室を配置します。
分類の種類は、システム固有ではなくデータとして作成します。もちろん、特定の教室の指定も行えます。また、1授業で複数の教室の割当も行えます。
その他
学校様の実情に合わせたデータ作成のコンサルタントをお受けしております。
本システムを有効使用する為の技がありますので、弊社担当までご相談ください。

割付作業について

割付作業について
授業に曜日時限、教室を配当する行為を本システムでは「割付」と言います。
割付作業には、システムにお任せの自動割付、科目や教員の時間割表を見ながら、担当者が行う手動割付教室の空き状況を確認しながら、担当者が行う教室割付 が行えます。割付時のチェックについては、自動割付も手動割付も同じですが、手動割付ではエラーの場合でも強制的に割付を行うことができます。
時間割確認
時間割表の表示には、科目別、教員別、学年別、教室別の4種類をご用意しています。
また、各時間割表から、ある授業に関連する他時間割表を簡単に表示させることができます。

データ作成について

なにから行うか
データ作成は以下のような流れで行います。
  1. カレンダー作成(学校全体の曜日時限を決めます)
  2. キャンパス・建物・教室の登録
  3. 学部・学科・学年・クラスの登録
  4. 教員・教員スケジュールの登録
  5. 科目・受講する学年・クラスの登録
  6. 教員の担当授業の登録
データ作成について
画面登録によるデータ作成がメインですが、他にCSVファイルによる読込が可能です。
データの整合性について
本システムは、データベースによる関連性のチェックと、システムによる論理的な関連性チェックを行えます。
学内システムのデータを有効利用できないか
学内システムとの連携をするシステムを別途カスタマイズ可能です。弊社担当までご相談ください。

既存システムをご利用の学校様へ

なにが変わったか
アプリケーションから、Webシステムに変わったことにより、OS依存の制約が解消されます。
割付基本条件の見直しにより、後から設定する条件はなくなりました。
独自に開発システムは動作するか
データの基本構造は大きく変更ありませんので、独自に開発されたSolano関連のソフトウェアは動作致します。
(環境により設定等を変更する可能性はあります)
現時点のデータは使用できるか
一部テーブル内の構造が変更されていますが、内部的な情報ですのでCSVデータのフォーマットに変更はありません。
また、現在のデータベースを新システム版にデータを消すことなくアップグレードすることが可能です。
  • 今すぐデモサイトを利用してみる!
  • お問い合わせ